NEWS

LoRaフィールドテスト(トンネル約1km)を実施しました (2016-11-15)

BM&WのIoT技術「LoRa超長距離無線」の通信モジュールを使用したフィールドテストを山古志中山トンネル、新潟みなとトンネルで実施しました。

当初は手掘り日本一の中山隧道についてテストしようと考えていたのですが、通行止めになっており中を確認できなかったためこちらの検証はできませんでした。
slack-for-ios-upload2slack-for-ios-upload3

隣にある中山トンネル(913m)でテストを行い、それぞれ2台の通信モジュール間で通信データの送受信ができることを確認しました。
中山トンネル中山トンネル地図

新潟みなとトンネル自転車歩行者道、入船みなとタワーと山の下みなとタワー間(850m)について、それぞれ2台の通信モジュール間で通信データの送受信ができることを確認しました。

山の下みなとタワーみなとトンネル850m

見通しが不明瞭な新潟みなとトンネル入船みなとタワー、山の下自転車歩行者道出口間(1195m)では最初は上記と同じ設定では通信が確認できませんでした。
バンド幅と拡散率を調整し、通信距離を伸ばすことができます。通信速度はみなとタワー間の時の21875bpsに比べて146bpsとすることで、1195mも通信が確認できました。

山の下自転車歩行者道出口みなとタワー地図1195m

見通しが不明瞭な新潟みなとトンネル入船自転車歩行者道出口手前85m、山の下自転車歩行者道出口(1275m)では、設定を変更しても送受信ができませんでした。
入船みなとタワー、山の下自転車歩行者道出口間と比べ、高低差とRがきつくなっております。
入船自転車歩行者道出口手前85mみなとタワー1275m

※各環境で通信状況が異なるため、本調査は各距離での通信を保証するものではありません。
フィールドテスト参考資料のご要望の方はお問い合わせフォームからご依頼ください。評価用LoRaモジュール、製品の準備のほか、LoRaを使ったシステム開発も行っております。お気軽にお問い合わせください。

LoRaがこんな利用シーンでも使える?

lora-fieldtest-request

BM&WではLoRaが使えるかどうかのフィールドテストを各地で実施中です。
お客様の問題解決に「LoRaが使えるかどうか調べたい」と思っているケースをぜひご連絡ください。
BM&Wのエンジニアがお考えのケースでLoRaがどのように使えるかフィールドテストを実施にうかがいます。

お知らせ一覧へ

CONTACT

業務と技術を融合させる、ITシステムの開発。
詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

TEL: 025-384-8338 / FAX: 025-384-8333